スッキリ

切る方法で治療する

二人の医師

切る方法は昔からある

脂肪吸引をする時には2種類の脂肪吸引について理解しておくことが大切です。最も古くから利用されてきた脂肪吸引はメスを入れる脂肪吸引となっており、一度の施術で大量の脂肪を除去出来るのが特徴です。昔は切る脂肪吸引は身体に対する負担が大きいとして抵抗感を持つ人も少なくありませんでした。しかし、最近では切る脂肪吸引に利用する機械も機能性が高くなっているので、確実かつ安全に施術を受けることができるようになっています。特に肥満体型の人は、1度で多くの脂肪が除去できる切る脂肪吸引を選ぶのが良いでしょう。切る脂肪吸引にはいくつかの方法があり、使用する機械によって効果やダウンタイムも異なります。クリニックによって取り扱っている機器が違ってくるので、事前に確認が必要です。

多くのクリニックで行われている

切る脂肪吸引施術の中でも、多くのクリニックで行われているのがベイザーと呼ばれる機械を利用した方法です。ベイザーの場合、脂肪を除去しやすくする為、超音波を利用して脂肪を柔らかくするのが特徴です。ベイザーの場合、確実に脂肪を無くすことができるうえ、ダウンタイムも短いのも魅力となっています。切る脂肪吸引の中でも、細かい部分の脂肪まで除去することができるので、多くの患者から良い評価を得ているのです。

水で脂肪を引き離す方法

切る脂肪吸引の中でも、出血量が比較的少なく、身体に対する負担も少ないとして注目されているのがボディジェットと呼ばれる方法です。この場合、麻酔薬のみならず止血剤も一緒に利用するので、出血によって発生する身体の負担が少なくて済むのです。加えて、ジェット水を用いて脂肪を身体からうまく引き離すので、脂肪と密着しているその他の細胞を傷つける心配もありません。

切る施術の中でも部分痩せに適している

メスを入れる脂肪吸引というと、一度で大量の脂肪を除去する為、あまり部分痩せには適していないというイメージが強くあります。しかし、中には部分痩せに適している施術方法もあるのです。その方法の1つがスマートリポレーザーと呼ばれる機械を利用した方法です。この方法では、除去したい脂肪に直接レーザーをあてることによって直接脂肪細胞を破壊するのです。レーザーで上手く脂肪が除去できるように、あらかじめ除去したい部分に手術で繊維を入れるのが特徴です。繊維はかなり細いので、手術をした時の傷跡を気にする必要も無いでしょう。加えて、切る脂肪吸引の中でも身体への負担が少ないので、脂肪吸引が初めてという人でも安心できる方法といえます。