スッキリ

切らない方法

太ももに注射

身体への負担が少ない

切る脂肪吸引に対して身体に対する負担が少ないのが切らない脂肪吸引です。注射を利用して行なう方法が一般的に知られていますが、他にもボディトリートメント等で脂肪を除去する事ができます。切らない脂肪吸引の場合、1回の施術で除去できる脂肪量が決まっていることもあり、多くの脂肪を除去したい人は何度か通院する必要があります。切る脂肪吸引の場合、1度で大量に脂肪を除去できる分、施術をしたその日から見た目に効果が現れますが、切らない方法では一見大きな変化は見られないのです。その為、周囲に脂肪吸引をした事が知られたくない、自然な形で痩身していきたいという人には向いている方法と言えるでしょう。切る脂肪吸引も切らない脂肪吸引も、脂肪細胞自体を除去することができるので、リバウンドの心配をする必要はありません。

気軽にできる治療

切らない方法の中でも最も代表的なのは脂肪溶解注射と言って良いでしょう。この方法はほとんどの美容整形外科クリニックで行われていると言われています。注射施術の中でもメジャーな脂肪溶解注射ですが、その人気の秘訣は手軽に受けられるという点にあります。施術時間が5分から10分程度と極めて短いので、仕事帰りや学校帰りなどでもすぐに施術を受けることができるのです。短時間で施術ができることに加えて、切る脂肪吸引と同様の効果を得られるので、近年では切る脂肪吸引から脂肪溶解注射にシフトする人も増えていると言われています。脂肪溶解注射で利用される注射液はクリニックによって違ってきます。利用する液の品質によって注射の料金も変わってくるので、あまりにも安すぎる価格設定になっているクリニックは注意が必要でしょう。

安全に施術したい人に向いている

切る脂肪吸引の場合、どうしてもメスを入れるので身体に負担がかかってしまいます。身体への負担が少ない脂肪溶解注射でも、注射針を身体に刺すので施術が怖いという人もいます。そのような人に向いているのが、ボディトリートメントやマッサージをしながら脂肪を除去していく方法になります。この場合、エステサロンのマッサージと変わらないと思う人も多くいますが、クリニックで使用する機械は医療機器なのでその効果はかなり違います。赤外線等の熱を利用して身体を温めながらマッサージし、脂肪燃焼の働きを活発化させることによって脂肪を減らしていくヴェラシェイプもその1つです。このような治療方法であれば、切る脂肪吸引や脂肪溶解注射が苦手という人でもマッサージを受ける感覚で安心して施術に挑めるでしょう。